古くなったマンションの家賃の変動はどの程度と考えておけばよいですか?

年数経過による家賃下落率は立地によって違ってきます。特に人口減少が進むエリアでは十分に注意が必要ですが、東京圏好立地の物件は家賃下落がしにくい傾向にあります。一般的には年間0.5%~1%程度は家賃下落を想定すべきと思われます。新築物件に関しては、5年程度は家賃下落しにくい傾向がありますが、弊社の物件では初年度より0.7%の家賃下落を想定しています。

現在、東京圏の好立地で
高利回りが見込める収益物件件ご紹介可能です。 メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら