お客様「マイナス金利の影響どうなの!?」

最近お客様から多く聞かれます、マイナス金利についてお話します。
 
先日、不動産投資サイト「楽待」の不動産投資新聞に『メガバンクは巨大な証券部門を持ち、投資信託などの窓口販売も充実しているので、別の収入を得ることでマイナス金利を回避する方向に行くと思います。
また、信用金庫は信金中央金庫という管轄組織があるため、ダイレクトな影響は少ないのではないでしょうか。
さらに信用組合は、そもそも日銀に当座口座を持っていませんので影響は少ないと思います。

では今回のマイナス金利の影響を一番受けそうな金融機関は一体どこかといいますとそれは地方銀行です。
地方銀行はメガバンクほどには証券部門や国際業務は強くなく、収入構成の大部分は融資金利となっています。』といった記事が掲載されておりました。
弊社のお客様にプラスに動きそうなのが、まず千葉銀行の既存顧客への融資拡大です。
銀行としてはバブル期の反省があるのでどんな属性の方にも積極融資をするということは考えにくいので、属性の高い優良顧客へ融資幅を広げるのではないかと思います。
竣工を待たずに2棟目、3棟目が可能になればいいですね!
また、今まで融資条件が合わなかった他の地方銀行も千葉銀行同様低金利の融資が可能になるのではないでしょうか。
こちらはお住まいエリアにもよりますが、低金利で融資を受けられる銀行は随時開拓しております!!
荒木 お客様「マイナス金利の影響どうなの!?」

荒木
1983年11月1日生まれの静岡県出身、趣味はフットサル、サーフィン、冬の時期はスノーボード! 2016年はキックボクシングにチャレンジしたいと思っているスポーツ大好き32歳です、もちろん仕事も大好きです!!
現在、東京圏の好立地で
高利回りが見込める収益物件件ご紹介可能です。 メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら